So-net無料ブログ作成

イクメンパパのウォンビン [ウォンビン]

《イ・ジョンボム監督が明らかにしたウォンビン近況》
11.jpg

イ・ジョンボム監督が映画「アジョシ」(2010)で一緒に代表作を完成した俳優ウォンビンについて言及した。長い空白期を送っているウォンビンの近況を伝え、今後の活躍を期待していた。

イ・ジョンボム監督は15日に行われた映画「悪質警察」の公開記念ラウンドのインタビューで作品に関するさまざまな話を交わした。特にまだ広く知られているようにイ・ジョンボム監督の代表作に数えられている「アジョシ」の話も欠かさなかった。

この日イ・ジョンボム監督は「アジョシ」の主人公で活躍したウォンビンの近況を聞くと、「元気だ」と述べた。ウォンビンは「アジョシ」の後、特別作品活動をしていない。 「ウォンビンの空白期にある程度の責任を感じなければならないのではないか」という記者の言葉には、監督は「国会で立法しなければならない」とし「ウォンビンは、2年に一度映画を撮らなければならないと」と機転を利かせて答えた。

また「私の言葉ではなく、酒の席で笑い話に出てきた言葉だ」とし「今ウォンビンも熱心に準備している。時間がかかるだけであって、絶対にやりたくないのではない」と述べた。

この監督は、「私の話ではないので、詳細に話すことはできないが、子供も生まれているため、父親としてすることもとても忙しいようで、本人が映画にもシナリオ段階から徐々に準備しているようだ。私も早く見たい」と付け加えた。

また、この監督は再びウォンビンと作業するつもりがないのかという話に「またしたい」と答えた。彼は「あえてアクション映画ではなく、他の映画であってもいいからもう一度呼吸を合わせることができる機会があればいいと思う」と、風を表わした。

一方、イ・ジョンボム監督は来る20日封切りする映画「悪質警察」で「泣く男」(2014)以来、久しぶりにスクリーンに帰ってくる。 「悪質警察」は、裏金はグラブ不正は目を閉じるゴミのような悪質警察ジョピルホ(イ・ソンギュン)が爆発事件の容疑者として追い込ま巨大企業の陰謀に巻き込まれ広がる犯罪ドラマだ。俳優イ・ソンギュンとパク・ヘジュン、新人チョン・ソニなどが出演する。
〈時事ウィークさんより〉

映画「アジョシ」のイ・ジョンボム監督の映画「悪質警察」が2019年3月20に公開され、その公開記念インタビューでウォンビンさんの近況について少しだけお話になりました[るんるん]
ウォンビンさんの次回作は、時間がかかるだけで着々と準備を進められているとのこと・・・今は大切な息子さんの育児に時間を費やされているみたいですね。そろそろ入園される頃でしょうか
イケメンのイクメンパパ[ぴかぴか(新しい)] イクメンパパ役の演技?実践?も見て見たいです[目][ハートたち(複数ハート)]
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。