So-net無料ブログ作成

10周年記念☆T.O.Pとウォンビンの相乗効果に注目! [ウォンビン☆マキシムT.O.P]

《T.O.P - ウォンビン、10年の縁と22編の広告》

ブランド開始から一緒に... 10周年記念パッケージにウォンビンの顔刻むなどのブランド - 長寿モデルシナジー '注目'
19 - 1.jpg
開始10周年を迎えオンエアされたマキシムT.O.P広告の一場面。 10年前の広告の中ウォンビンの姿が目を引く。

しばしば山川も変わる歳月と言う10年。その長い時間を着実に一緒に行くブランドとモデルがある。マキシムT.O.P(ティーオーピー)とウォンビンがその主人公だ。デジタル時代の変わり目広告も長い呼吸ではなく、刻々と変化するトレンドに合わせて迅速に変わるのが一般的だが、長い期間縁を続けてきて、それ自体が一つの伝統となっている。

「30歳、エスプレッソが美味しくなる年齢」という当時の広告コピーにぴったり合うように30歳であったウォンビンもブランドと一緒に年齢を重ね、その間T.O.Pは年間売上高1000億ウォン突破を目前にしたブランドに成長した。

最近開始10周年を迎えT.O.P限定商品を発売し、パッケージの前面にモデルウォンビンのイメージを盛り込んだ。 2008年6月に最初の広告がオンエアされた後、2018年6月現在までに合計22編の広告を一緒にしてきたことに対する感謝の気持ちである。

このようにブランドとモデルが末永く和を合わせるようになった背景は何だろう。T.O.Pとウォンビンの出会いの話を聞いてみた。

10年前、ウォンビンをモデルに抜擢された理由は何ですか?

ブランド立ち上げを控え、コーヒーとうまくいき、長い期間のように呼吸することができるモデルを選定するために多く悩みました。ブランドコンセプトである「リアルエスプレッソ」の属性を反映して、モデルも真実と同時に、カリスマがある "本当の"俳優の感覚を与えることができる、これを見つけました。

その結果、黙々と自分の道を歩く生活をする方法を追求するウォンビンの画像がブランドと最もよく合うと判断しました。 「30歳、エスプレッソが美味しくなる年齢」とは、重要なコピーに適した年齢でもあったんです。
20 - 1.jpg
パッケージにモデルウォンビンの姿を描いた10周年限定エチオピアシングルオリジンコーヒー「マキシムオフィシャルシグネチャブラック」。

10年という時間を一緒にすることができた原動力がありますか?

長寿モデルの一般的な特徴は、モデルとブランドの相互シナジー(synergy)の力ではないかです。ブランドが報じたがるようモデルのイメージがよく似合うし、ブランドとモデルがお互いに肯定的な力になることが理想的な結果です。

T.O.Pモデルウォンビンの重厚で情熱的なイメージをうまく活用してリアルエスプレッソベースの本格的なコーヒー飲料としてのブランドの真正性と現在の都市的でダイナミックなブランドイメージを持つことができました。ウォンビンやはりプレミアムコーヒーのイメージとよく似合ったので、10年が過ぎた今も、その効果が光を放っていると思います。

ブランド価値のウォンビンはどれくらいを占めると思いますか?

ウォンビンとマキシムT.O.Pを思い出し、マキシムオフィシャルすると、モデルウォンビンを連想させることほどブランドを話し合うことにあたりモデルの割合は大きいとすることができます。前述したように、10年の関係は、相互の肯定的な相乗効果によるものなのでブランドとモデルは、相互の意味のある値で存在していることを否定することはできないようです。単にお互いを連想させることから終わるではなく、ブランドの重要な資産として、もう少し成熟したT.O.Pを代弁して象徴する役割として位置づけことを期待します。



10年間T.O.P広告はどのように変化しましたか?

発売当時プレミアム缶タイプ(缶、NB缶)で始め、現在では缶はもちろん、ペットボトル(PET)とカップタイプなど、様々な容量や容器形態、味の組み合わせを備えたブランドになりました。これらの拡張に応じて広告も缶中心から各カテゴリの特性を生かして、これを合わせること並行して、消費者に「私のブランド」として近付くためコンセプトに進化しています。

広告の中のモデルのイメージも変わっているようです。

ブランド拡張に応じて、モデルのキャラクターも、個々のブランドコンセプトに基づいて、それぞれ少しずつ異なって活用されています。

最近マキシムオフィシャルシンプリースムース広告の場合は、もう少し軽量カジュアルに楽しむことができる容器タイプとまろやかな味を強調するために、モデルの姿も既存の広告に比べて柔らかく、カジュアルな面を強調しました。その結果、モデルウォンビンの新しい姿を消費者も楽しく受け入れ、今後の通信方向にも参考点をたくさん得ています。

今までの10年をそうしてきたよう、マキシムオフィシャルブランドが様々な相乗効果を得、より大きなブランドに成長していくことができるよう努力します。
〈The PRnewsさんより〉

maximT.O.P10周年記念CFがupされ、軽い衝撃を受けました~[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
前記事の画像を見て、ウォンビンさんの衣装は黒に白のドット柄のシャツと思い込んでおりましたが、実はVのような柄だったんですね~(^^[たらーっ(汗)])
まぁ・・・どちらにしてもウォンビンさんなら素敵に着こなしが出来るコーディネートであるということを確信致しました[手(グー)][わーい(嬉しい顔)]
ウォンビンさんがパッケージされたT.O.P缶も気になりますが、ウォンビンさんが描かれたレンガ造りの建物に興味津々です[目]
東西食品?maximT.O.P?の会社なのでしょうか?鍾路?どこなのか?いつまで見ることが出来るのか知りたいですね[ー(長音記号2)]
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 2

まるこ

ほんと、、、ご無沙汰。ビン君の情報も入ってこないし、、BINUSも無くなり、最後のお茶会から1年半以上、、訪韓もせず。ここで、お知り合いになれた皆様、お元気ですか?この、限定の缶、欲しい、、。この建物も見たい、、。でも、行く気がしない、、、。ビン君、これからも、CMだけ?
by まるこ (2018-06-16 16:48) 

macky

まるこさん ほんと!ご無沙汰しております^^
1年半以上訪韓されていないんですか?以前は年に数回訪韓されて
いたのに・・・BINUSも新しい形ですぐに再開のお知らせがあるの
かなぁ~と思い閉鎖から3ヶ月が経ちましたね^^:
ビン君の次回作が決まるまでお預けなのでしょうか?
BIN とUSの根比べですね!(^^)!
by macky (2018-06-17 00:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。