So-net無料ブログ作成
検索選択
ウォンビン ブログトップ
前の5件 | -

ウォンビンの変遷史12編映像 [ウォンビン]

俳優ウォンビンさんが出演された映画とドラマ合計12編が入れられた短い映像をお借りしました[ぴかぴか(新しい)]

《ウォンビン変遷史-デビューからアジョシまで》

〈스티비さんよりお借りしました〉

収録映像リスト
=============
01「プロポーズ」-ドラマ(1997)
02「レディー・ゴー!」 -ドラマ(1997)
03「土曜日午後2時」(1998)
04「クアンキ」-ドラマ(1999)
05「コッチ」-ドラマ(2000)
06「秋の童話」-ドラマ(2000)
07「ガン&トークス」(2001)
08「フレンズ」-ドラマ(2002)
09「ブラザーフッド」(2004)
10「マイ・ブラザー」(2004)
11「母なる証明」(2009)
12「アジョシ」(2010) アクセスランキング

デビュー作から「アジョシ」までの13年間に出演された12作品のウォンビンさんを4分間で振り返ることが出来る素晴らしいお宝映像ですね[手(チョキ)][目]

c86.PNG

「アジョシ」から7年・・・この後に続く次回作に今か今かと期待が高まります
イ・ヨンエさんは13年ぶりにドラマ復帰されているので、ウォンビンさんの魅力にとりつかれてしまった私は諦めることなくまだまだ楽しみに待つしかありません!(^^)!
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウォンビンのマキシムT.O.Pカップタイプ発売! [ウォンビン]

《カップで誕生したクオリティー30秒》

〈맥심 커피라는 행복さんより〉
ボールドなエスプレッソが牛乳を圧倒する
これがT.O.Pという名前のクオリティ!
カップで誕生したクオリティ

c1.PNG

c7.PNGアクセスランキング

ストローを使ってドリンクを飲むウォンビンさんの口元に注目してしまいます[目][ハートたち(複数ハート)]

マキシムTOPのカップタイプのコーヒー3種が発売されているんですね[喫茶店]
48.jpg
マイルドエスプレッソラテ、ボールドエスプレッソラテ、トゥルーエスプレッソブラック[ぴかぴか(新しい)]
カップタイプのコーヒーは倒してもこぼれにくく、姿勢を変えず片手で飲めるので私もよく飲んでいます。マキシムTOPカップタイプ MILD,BOLD,TRUEは製品毎に、豆のブレンドや焙煎を変えてあるので 渡韓されたときには自分好みのエスプレッソを探してみるのも良いですね(*^_^*)韓国のコンビニで発売されているそうです[かわいい]

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イ・ナヨン5年ぶりスクリーン復帰! [ウォンビン]

《イ・ナヨン→ウォンビン、復帰完全体成し遂げようか》
47.jpgアクセスランキング

俳優イ・ナヨンがいよいよ復帰する。結婚、出産後の5年ぶり。長い空白を破って、選択した作品は、低予算映画「ビューティフルデイズ」であった。

「ビューティフルデイズ」は、脱北女性の実話をもとにする。朝鮮族の家族を捨てて韓国に逃げた母親と、そんな母を憎む息子の16年ぶりの再会を描く。昨年のカンヌ国際映画祭短編「ヒッチハイカー」とドキュメンタリー「マダムB」を出品したユンジェホ監督の初の長編映画だ。来年のカンヌ映画祭出品を目指す。

イ・ナヨンは、痛みの中でも人生の旅を持続する母親を演じる。10代から30代までの幅広い年齢層と延辺語、中国語、ソウル言葉遣いなど、様々な演技を見せてくれる。イ・ナヨンは一人どっしりとした作品を率いていく見込み。俳優人生最高の挑戦である。制作費は4億ウォン規模でイ・ナヨンはノーギャランティーで出演する。

イ・ナヨンの復帰ニュースに自然に夫ウォンビンの歩みにも期待が集まっている。ウォンビンは2010年の映画「アジョシ」(イ・ジョンボム監督)以来7年目フィルモグラフィーが空白である。

そんなウォンビンが苦心の末に選んだ作品は、「スチールライフ」だ。「スチールライフ」は、一人の死を迎えた人々の葬儀を払って知人を見つけ招待する職業を持つ人が向こうのアパートで一人死亡した一人の男の人生を追った経験の話を描く。同名のイタリアの映画を原作とする。

過去2014年偶然孤独死の記事に接した制作者が映画化を準備していたイタリアの監督呉ベルト・パソルリニの「スチールライフ」を接することになり、その著作権を購入し、制作に本格的に拍車をかけるた。企画段階から見守っていたウォンビンは寂しく死を迎えたこれらの熾烈な若い日に光を当てる意図に共感、復帰作で選択した。ウォンビンと製作会社側は現在のシナリオの修正作業に真っ最中だ。

ウォンビンとイ・ナヨンの所属事務所の関係者は18日、TVレポートとの通話で、 「二人とも焦りを感じずに良い作品を選択するために苦心した」とし「ウォンビンは「スチールライフ」は、その作品のとおり行くものの、他のいくつかの作品をあまねく検討中」と明らかにした。
〈tvreport.co.kr写真= TVレポートDBさんより〉

ナヨンさんが5年ぶりにスクリーンに復帰されます[ぴかぴか(新しい)] 記事にもあるように俳優→妻→ママ→俳優と5年間幸せに充実した時間を過ごされたナヨンさんの演技、特にママの演技に興味津々・・・プライベートでのワンシーンを想像してしまいそうです。とても楽しみです(*^_^*)
ウォンビンさんも慎重に時期作を検討中とのこと~ナヨンさんからバトンをしっかりと受け継いでくれるといいなぁ~と思います[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウォンビンとイ・ナヨンの結婚式場~小麦畑の近況~ [ウォンビン]

《ウォンビンとイ・ナヨンが結婚式を挙げた旌善の小麦畑の近況(写真)》

過去2015年には、「びっくり結婚」で世界を驚かせた俳優ウォンビンとイ・ナヨンカップル。二人は江原道旌善の民宿で極秘結婚式を挙げ、以来、所属事務所イドゥンナイン側は結婚式現場の写真を公開した。
44 (1).jpgアクセスランキング

二人の異常に美しい姿と旌善の小麦畑の景観が調和し、まるで映画スチールカットのようだ。
この場所は、ウォンビンが生まれ育った旌善郡の大村町である。結婚式の後の村は、旌善の観光地としての地位を確立した。多くの人々の訪問にも村はまだ美しい自然景観を維持していた。

いくつかの造形物が追加されたが...
44 (2).jpg

45.jpg
これは2日、オンラインコミュニティ「エペムコリア」に上がってきた写真である。

何とも形容しがたい造形物である。
44 (3).jpg

そのフォトゾーンで撮影をしてウォンビン・イ・ナヨンの写真と本人の写真を対比すると自己恥辱感がすることがありますので、大村町に行っても下手に挑戦しないほうが良いだろう。
44 (4).jpg
朝鮮日報によると、旌善大村町のあちこちで「ウォンビン♡イ・ナヨン結婚式場」という標識を見つけることができているという。
〈허핑턴포스트코리아〉さんより

2015年にウォンビンさんが結婚されて2年が経ちましたが、ウォンビンさんの故郷は今もそのままの景観を保ち訪れる観光客も多く、町おこしに一役かっているんですね[かわいい]
結婚式場への看板もあちこちにあるということは~誰でも迷わずに行けるようになっているのですね!(^^)!
旌善は、2018年冬のオリンピックのスキー競技の会場にもなっているようなので、お二人のフォトゾーンには祝福にあやかりたいと世界中から聖地を訪れるかもしれませんね~[ぴかぴか(新しい)]
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウォンビン夫婦のお出かけキャッチ [ウォンビン]

「このカップルは、実話? " ウォンビン[ハート]イ・ナヨン近況キャッチ」’ヴァンパイアカップル '
34.jpg
トップスターウォンビンイ・ナヨンカップルの近況がキャッチされた。アクセスランキング

二人は結婚と出産後もまだ神秘のベールに包まれて目撃談も見えにくい代表的なトップスターカップルに挙げられる。

しかし、最近夫婦が縁のある病院を揃って訪れた姿が公開され、久しぶりに懐かしい顔が明らかになった。

関係者SNSを介して公開された写真の中のウォンビンとイ・ナヨンは「歳月逆行」の国家代表級の標本であることを認証した。夫婦の時間だけ止まったような歴代級の間の姿で見る者の視線を奪っている。

今年で不惑に入ったウォンビンは、長髪に眼鏡をかけた姿でも少年美を漂わせ、イ・ナヨンはノーメイク素顔でも「CFから、出てきたような」清純美を吹きだした。

写真が公開されると、ファンの復帰要求は強くなっている。ファンたちは"相変わらずリーズ姿、仕事で見たい」と俳優として戻ってくる夫婦の姿に期待を示している。

映画「アジョシ」以後7年間の空白があったウォンビンは、多数の大型作品で復帰を打診したが、不発になった。しかし、ウォンビンを希望製作陣のラブコールは着実に続いている状況。出産後も変わらない女神美貌を誇示するイ・ナヨンは育児に専念している。
〈sportschosun.com さんより〉

ウォンビンさんナヨンさんお二人揃ってお出かけになったんですね[ハートたち(複数ハート)] 
写真を見ると、お二人ともカメラ目線で穏やかな表情をされています。このようにSNSで公開されることを承知で撮られたのでしょうかファンにとっては近況を知ることができてとてもありがたい一枚です[るんるん]

前記事でご紹介いたしました「韓流ぴあ~あなたの愛すべき御曹司は誰?」の投票結果が「韓流ぴあ8月号」で紹介されていました[本]
トップ10までが掲載されていましたが[ー(長音記号2)]残念ながら「秋の童話」のハン・テソクの名前はありませんでした[ふらふら]
因みに、第1位は「野王」のペクドフン役のユンホさん(東方神起)でした[ぴかぴか(新しい)]

早いもので2017年も折り返し、来週からもう8月ですね連日猛暑が続いておりますが、皆様体調を崩されませんようにウォンビンさんの下半期のご活躍を心待ちにしながら暑い夏を乗り切りましょう!(^^)!
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ウォンビン ブログトップ